地域密着型サービス外部評価事業

イメージ

平成18年度からの介護保険制度改正により、今後、増加が見込まれる認知症高齢者や中重度者ができる限り住み慣れた地域での生活が継続できるように、新たなサービス体系として創設されました。

目的

自己評価及び外部評価によって、サービスの質の改善を図ることを目的としています。

対象

認知症高齢者グループホームと小規模多機能事業所。

外部評価手数料

※評価手数料は 交通費、消費税込みの料金となります。

              
ユニット数 金  額
グループホーム 1ユニット 85,000円
グループホーム 2ユニット 90,000円
グループホーム 3ユニット 100,000円
小規模多機能居宅介護事業所 80,000円
                           

評価結果

評価結果はインターネット上「WAM-NET」で公開されています。

評価実績

 ・平成21年度・・・ 93件
 ・平成22年度・・・120件
 ・平成23年度・・・102件
 ・平成24年度・・・115件
 ・平成25年度・・・115件
 ・平成26年度・・・123件
 ・平成27年度・・・104件
 ・平成28年度・・・ 99件
 ・平成29年度・・・ 79件


評価実績一覧は【WAM NET】のこちらでご覧ください。


小規模多機能居宅介護事業所評価結果について

※平成26年度までは小規模多機能居宅介護(介護予防小規模多機能居宅介護)も外部評価が 義務付けられていましたが、平成27年度改正により義務付けが廃止されました。
平成27年度、本法人が実施しました訪問調査につきましても、WAMNETで、閲覧できなくなりましたので こちらでご覧ください。

イメージ