社会的養護施設の施設研修をうけて。

4月18日、岐阜県社会福祉協議会主催で、児童養護施設の視察研修があり、びーすけっとから2名が参加しました。
定員12名でしたが、県内の第三者評価機関から それぞれ1~2名参加があり、16名での研修でした。
施設の児童に配慮し、登校時間帯に訪問。施設職員皆さんにあたたかく迎えられ、研修生も熱心に質問し、施設内を案内して頂きました。
 社会的養護施設を利用する児童も増えていますが、その入所理由には 現代社会を反映するもの、今まで気付かなかったものが明らかになってきた等、重い課題が多い。
児童一人ひとりが、かけがえのない命をもった大切な人。健康で幸せに暮らす権利を持ち、自分らしく生きるための場所でありますように・・・。これからも、評価者として、より良いものを目指し、福祉サービスの質の向上をはかれるよう、知識、技術を身につけていきたい。

2014年05月09日

前の記事へ 次の記事へ